「簡単にもうかる」 疑って

毎日新聞に「簡単にもうかる」疑って という題で、普段から気になっているテーマ記事が載ってました。
Dadの祖母や、親族に、大概騙されて、100円でも売れないような変なブレスを何万、タダでも売れないような奇妙な人形を何十万、健康食品を何十万で買って、娘に怒られるからと、Dadに預けたりという、笑えない話を聞かされてたから、ちょっと腹が立ってたんですよね・・・

私はお金持ちになりたいですが、怖がりなので、リスクの高いことはしたくありません。
それと、競馬の記事でも書きましたが、世の中そんなうまい話がゴロゴロ転がっているわけはありません。
そんなに簡単にお金が儲かるなら誰だってそれをやるし、世の中金持ちだらけです。
確かに景気のいい話もあるけど、そんなのは例外と考えたほうがいいんです。
圧倒的に日常生活を苦労して切り盛りしている人の方が多いはずです。

でも、人間は欲張りで、うまい話には弱いです。私はいろんなスーパーに買い物に行くけど、主婦の人とかよく知っていて、他の店より少し安く売っていたり、それをチラシで宣伝したりしてあると、出遅れたら確実になくなってます。抜け目なく「おひとり様1品」と書いてあれば何度もレジを通る人がいるとバイトしている友人が言ってました。

そういう人の中には、「小さく得して大きく損する」人も結構いるかもなあって思います。

「半年後に10%増しでお金が返ってきます。 」ってどうですか。
「お、1割の利子か! それはオイシイ 」となりますか?

今銀行の金利は0.01%程度です。つまり10%というのはなんとその1000倍なんですよ!
でもそんな言い方をすると胡散臭く思いますよね。

「どうですか、銀行の1000倍の利子を付けます」
「え? 1000倍、そりゃウソやろ? 」

となりませんか。でも実は10%増しというのはそういうことなんです。と考えると、世の中そんなうまい話があるわけない。でもちょっと考えない人、また高齢その他の理由で、思考力、判断力が落ちている人はそういうことに気が付きません。
うまい話にのってしまいます。それにバブル期には金利が6%以上もあったようで、高齢者はそれも経験してます。10%の上乗せに抵抗感が低いのではないかな。

こういう商法ではプレゼントも欠かせないようです。騙された人の中には「歌舞伎や旅行に招待され、利益が上がっていると思っていた」という人もあれば、悪名高き和牛商法の安愚楽牧場で、プレゼントに和牛肉を送ってきていたのだが、牛肉以外のプレゼントが増え始め、それに不審を持って難を逃れたという人もいます。

私は結構けちん坊って言われたりしますが、お金儲けにはとても興味があります。でも、あんまりうまい話はないと思っています。
古いかも知れないけど、何を手段にしても、お金を稼ごうと思ったらそれなりの時間や労力をかけないといけないんじゃないかな、それでなければ振り込め詐欺みたいに手が後ろに回る裏社会に行くしかないのでは・・・
ネット回ってると、「30分で完了、あとはほったらかしで月収30万」みたいな書き込みが溢れてます。あんまりたくさんあるのでみんな麻痺しているのかな? そういうのが普通に出来ると思っていて、どこかにちゃんとそうしている人がいるから、そのうち自分も・・・なんて思って高額情報買っているのでしょうか?
余談ですけど、私(Dadはじめ、いろんな人のサポートもあって)やっとこのブログを読んでもらえる程度まで整えてきたけど、かけた時間ハンパなかったです。授業を疎かにして(爆笑)、あと競馬予想を出すのにも結構時間かけたり(好きだからだけど)・・・寝る時間も削ってます。
まとまりのない記事ですが、このブログ見てくれてる人がどうか騙されませんようにって祈って書いてみました。