2018年 高槻ジャズストリート 食の文化祭の楽しみ方 そのヒミツとは・・・

こんにちは、冴子です。
私の住んでいる高槻市の名物イベントのひとつは「ジャズスト」の名で親しまれている「高槻ジャズストリート」です。

今年で20回目を迎えた大イベントで、もはや全国区、北は北海道から南は沖縄のバンドまでやってくるようになりました。
個人的には昔の地元バンド中心の方が良かった気もしますが、イベントはどうしても拡大傾向にあるので仕方ありません。
その分有名アーティストが多数出演してくれるので、それはそれで楽しめます。

さて、このイベントは毎年5月の連休に催されるので、今年のジャズストは終わってるんです。

でも

ご存知の方も多くなりましたが、実はジャズストは秋にも開かれてるんです。

ジャズストの楽しみは、なんといっても音楽を聴きながらオイシイ物を食べることですよね!
春は音楽が主役になりますが、季節は「食欲の秋! 」というわけで10年前から行われている秋のジャズスト(?)はジャズとグルメフェアの名の下、食の文化祭として開かれてます。

秋は春ほど大掛かりではないですが、その分地元の雰囲気が味わえます。
今年の食の文化祭は10月13(土)、14(日)の二日間、AM10時~17時、高槻市立第一中学校グラウンドと高槻城跡公園付近で行われます。
食の文化祭のいいところは、春のジャズストは食べ物はあくまで脇役なわけですが、今度はこっちが主役なので、高槻の地元住民しか知らない地元有名店が多数出店することなんです。




秘密というのは、公然の秘密だけど(笑)、食の中心は第一中学校の方なんです。それと高槻市消防局の消防車もやってきます。子どもたちは大喜び間違いなしです。
城跡公園は食べ物は少なく、そのかわりこちらは本格的ライブステージを2ヶ所に設け、フリマやアートといった文化祭のイメージ。小さい子どもが喜ぶ遊具があり、高槻市のゆるキャラ、はにたんもいます。アートの広場では大人を楽しませてくれるアクセなどの展示販売もあります。

ということで、作戦的には、大人は早めに出かけ、第一中学校グラウンドの好みの席をゲット! 昼間からビールを飲んで美味しいものを食べながらジャズを楽しむパターン、酔った勢いで城跡公園に繰り出し、財布のヒモを緩めて買い物!
ちびちゃんとかがいる場合はゆっくり先に城跡公園に行って遊び、お腹が空いた頃に第一中学校へ行くのがいいのではないかな・・・第一中学校のグラウンドはいっぱいに席が用意されてて、大人が堪能してきた頃だと、席取りに神経質になることはありません。毎年行ってますが、少し見渡しているとすぐに空きが出来てきます。




なお、一応エコをうたっているので、スーパー袋とかウエットティッシュなどを持参するのがいいでしょう。また日傘はひんしゅくを買うので日差しが気になる女性は帽子を用意するのもいいですね。

アクセスは阪急高槻市駅から南の方へ歩いて10~15分くらい、みんなぞろぞろ歩いているのですぐわかります。自転車でもいけますが車はオススメしません。また雨天中止なので、好天を祈りましょう!