紅葉狩り 隠れた名所神峯山寺 地元完璧完全ガイド

朝晩寒くなってきました、秋の深まりを感じますね。
秋といえば紅葉、我が家もあちこちに行きますが、私の地元で絶対オススメの名所はなんといっても神峯山寺です。

神峯山寺とは

根本山毘沙門天神峯山寺は大阪高槻市の北部に位置し、1300年の歴史を持つお寺。紅葉のシーズンには境内に立ち並ぶ様々の木々が赤や黄色に染まり、それは美しい風景が見られます。参拝者も多いですが、京都の名所のような混雑振りはなく、落ち着いた佇まいで、家族連れからカップル、おひとりさま、誰でも楽しめます。見頃は例年だと11月中旬以降です。でも、少し早く来ると空いているのと、赤や緑、黄色がない混ざって、それはそれで十分美しい風景を楽しめます。車でカップルとかだったらそれもいいかもです。
11月3日から11月終わりまで「神峯山寺 紅葉狩り」も行われます。期間中は、SNSを利用したフォトコンテストもあり、神峯山寺で撮影した写真を自身のSNSに投稿してもらい、神峯山寺が選考します。選ばれた投稿者には、会期終了後に「神峯山寺賞」と「毘沙門天賞」がもらえます。

アクセス

案外簡単に行けるんですね、ここ。まずこの記事作成のためお寺でゲットしてきたデータです。(写真は大体クリックで拡大できます)

① 1番確実なのはバスかタクシー、まずバスです。
JR京都線「高槻駅」北口に出ます。西武百貨店高槻のある方です。市バス「原大橋」行きに乗って20分ほど、「神峯山口」下車 東へ1.2kmほど。
運賃は大人片道220円、小学生以下110円です。

 高槻駅の改札は1つしかなく、出て右手に進む、突き当りから上の風景が見えれば大丈夫。でも突き当りを西武の方(右)に行ってはいけません。デパートに行っちゃいます。左手の階段を降りた辺りがバス停です。階段から前方に進むと1番乗り場です。地図を参考にして下さい。なお、オレは阪急だが・・・という方、高槻のJRと阪急の間は10分ほどで歩けちゃいますよ!

階段付近の地図、現在地とありますが、それは地図のある場所で、そこは良くないんです。左手の階段を降りると3,4番乗り場辺りに出るので、そのまま1番乗り場へ行く。トイレは地図でわかるように逆方向にあるので困ったら行けばいいですが清潔ではないです。行くなら改札を出るまでに済ませるのがいいですね。

 バスの時刻表、上の口行きに乗ってはいけません。神峯山口まで行きません。
めちゃめちゃ歩きたい人は別。

 バス停、ここで下車、道路を渡っていよいよ参道へ!

 この中村商店のところから入っていく。自販機で水をゲット。


帰りのバス停、当然行きと反対側、中村商店の側、小さな待合場所があり、すぐわかります。時間は最初に確認しておくといいと思います。

次にタクシー、乗り場は先程のバス停の地図の、「現在地」から右前に進めばすぐにあります。後は行き先を言うだけです。難点は運賃かな・・・2500円前後です。人数割りだとコスパいいです。

 で行く場合、最初の写真の説明やナビでたどり着けると思うので、参考になる写真とか貼っておきます。駐車場は実は2つ+臨時駐車場があります。ただしどれもそんなに大きくはありません。無料です。ただし、最初に目に入る舗装された駐車場からだと10分ほど歩きます。確実に駐車を狙ったり、散策を楽しむ人にはいいかな。年配者は駐車場を右手に見てそのまま入っていくと砂利敷きの山門前の駐車場と山門入り口右に上がっていく臨時駐車場がありますが、シーズンは混雑します。年配者や体力に自信のない人はタクシーで行くのがオススメです。山門の麓まで連れてってくれます。ただ混雑時はタクシーといえども遠い方の駐車場辺りで降ろされることもあります。


最初に目に入る駐車場、一番大きく、舗装されています。案内図もあります。
駐車場をパスして更に上の写真の道を進むと次の駐車場があります。ここは山門のすぐ左手。

右手に臨時駐車場の立て札が見えます。

参拝上の注意点

神峯山口バス停からだと1キロ強歩きます。道は結構登り坂です。年配の方や体力に自信のない方はタクシーか自家用車で行く方がいいと思います。
靴の理想はスニーカー系ですが、少なくとも歩きやすい靴がいいです。オシャレさんはご用心、私も神峯山寺の時はコンバースです(笑)
あとカメラ(スマホ)、自撮り棒、汗かきさんはタオル、水、お店は小さなのが1つ、山門横の駐車場のそばにあります。トイレもそこにあります。素朴なトイレですが、お寺にしては大きめで、入るとライトがつく仕組み。ただ洋式ががありません
ナイショの話ですが、普段は神峯山寺は駐車場も入場料も無料なんですよね、この時期11月だけ、環境保全料の名目で300円(子供100円)とられます。でも、一度払うと通行証のようなものをくれて、それさえ持っていればシーズン何度でも入れるんです。なんて良心的な!

こんなカワイイお店が1つあるだけです。前に床几がいくつか並んでいて座ってたべられます。子どもづれや花より団子系の人は高槻駅コンビニ辺りで食べ物飲み物を調達しておくのがいいです。

境内

ここはほんとに隠れ寺のように静かな佇まいですが、1300年の歴史を持つ名刹、毘沙門天が降臨したという由緒正しいお寺です。
秋の祭の時、普段は閉じられている扉が開き、兜跋毘沙門天(とばつびしゃもんてん)が開帳されます。本堂右手に不思議な石の急な階段があります。健脚ならここも訪れて下さい。
ここが神峯山寺を開山した修験道の開祖、役小角(えんのおずの)が祀られているお堂、開山堂! こここそが原点なのです。下に階段の写真を貼っておきました。

境内はほぼ一本道でまっすぐ進んで本堂に着きます。そこまで満開の紅葉を楽しんでくださいね! 両側に沢山お堂などがあって寄り道も楽しめますよ!

 山門、この右に臨時駐車場行きの道があります。

境内に入ります、まだ紅葉はしていませんが、とても美しい佇まいでしょう。デートにも理想的です。

 本堂右手、開山堂への階段です。


紅葉狩りには直接関係ありませんが、神峯山寺では護摩をたいて祈祷もしてくれます。


山門を出て少し下ってきたところに立ってます。帰りはここから降りると近道、その分ちょっと坂が急めかな。お蕎麦やさんは開いていたらラッキーくらいのつもりでいた方がいいです(^^;


車で高槻方面からだと、この看板から入るのが新しい道、右に入り、道なりに行って左に入る看板に従うと駐車場に着く。無難なのはこっちかな。


上の看板を通り過ぎて少し行くと昔の道、ここからでも行ける。

近くの観光スポット

車などで来る場合は、神峯山寺周辺で遊ぶことも出来ます。一帯は摂津峡に近いので景色も素敵です。下の地図を参考に気に入ったところにお立ち寄り下さいネ!

オススメは山水館祥風苑、どちらも小さなスーパー銭湯的な温泉施設です。山水館は宿泊も出来ます。隠れ家といえばこれほどいい所はそんなにないですよ。ふたつは同じ系列。地元食材のお料理も美味しいです。もちろん駐車場もあります。紅葉を楽しんだあとはのんびり温泉につかって美味しいお料理を堪能しましょう。

また新しい情報があれば更新しますね。冴子の地元、北摂の秋を楽しんでいただけたら嬉しいですヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。