お金持ちになるための2つの方法 その1

こんにちは、冴子です。
私は人生経験浅いし、お金も親からの援助とバイトくらいなんだけど、繰り返しになりますが、お金持ちになりたいっていつも思ってます。
「玉の輿で簡単じゃん? 」とか言ってて、本気で医学部生漁ってる女もいるけど、私はキライ!
人のお金に頼る人生なんてまっぴらです。

それで株式投資には特に興味があります。Dadの影響が大きいけど、とても魅力的な世界です。Dadは「株の世界がわかれば世界がわかる」とか言ってます、まあ私は「世界わからんでいいから株で儲けたい」んですけどね(#^.^#)

さて、簡単で、人生すべての分野で役に立って、それがお金儲けにつながるようなことがあります。今日はその1つ目です。

チャールズ・トーマス・マンガー(Charles Thomas Munger、 1924年1月1日 – )という人をご存知ですか? 通称チャーリー・マンガーは、かのウォーレン・バフェットが会長を務める投資持株会社バークシャー・ハサウェイの副会長であり、投資家です。
バークシャー・ハサウェイの株を500株、スタンフォード大学に寄付して話題になりましたが、その時価は4350万ドルほどでした。

その彼がひたすら続けてきたたったひとつの習慣、それは・・・
 

 「失敗ノート」をつけることです。

 彼は人生のすべての分野で「失敗ノート」をつけ、折に触れてそれを「読み返す」習慣を続けてきました。
そして投資などで大きな決断をするとき、何度も思い当たることを読み返し、判断ミスを回避してきたのです。
「成功の要因を特定するのは難しいが、失敗の原因は明らかだから」と彼は言っています。

「おんなじ失敗を繰り返すんじゃない! 」「今度からこんなことはないように・・・」みたいなことを言われた経験はないですか。
私はめっちゃあります。もう、自分でもイヤになることもあるし、「あー、またやっちゃったよ!」と思うこともありました。
でも悲しいことにすぐ忘れちゃうんです。で、思い出すのはその同じ失敗をもう一回やっちゃったときです。

「失敗ノート」をつけてたまに読み返すことでそれを防げます。
 それに使うノートは必ず素敵なお気に入りを選びましょう❤ だってそのノートは自分の宝物になるのですから!

 私は、姉にもらったIMIの素敵なブルーのノートに、失敗があった日の終りに日記感覚でその内容や何故失敗したかとかを書くようにしました。
 そしてたまに読み返す。これが結構楽しい(^^)
 
 
 数ヶ月経つと、「そうか、こんなに短い間にいっぱいおんなじ失敗やっちゃう場面ってあるんだー(・∀・)」ってびっくりしました。
 そして「失敗ノート」の効果はテキメン、部活、バイト、勉強、と、あらゆる場面で成長した感覚が凄いんです。
 やり方バリエーションはいっぱいあると思うので、自分に合う方法を見つけてくださいね!
 これを続ければ将来はミニチャーリー間違いなしだゾ!