10月8日予想です

3日連続開催の最終日ですね。お天気もよく、京都大賞典が楽しみです。
① (軸馬)京都6R7、京都10R4
② (予想)京都6R7ー1,3,4,6,9,10。
  京都10R4-1,2,3,6,7,8。
  東京12R9ー1,4,6,7,8,10,11。12Rは馬連とワイド。
③(メインレース)京都11R京都大賞典(GII)、優勝馬には秋天の優先出走権が与えられます。
軸は8シュヴァルグランにします。実績が安定し、馬の状態もよさそうです。なんと言っても昨年のJCの優勝馬、実力は折り紙付きですから。
相手は2,5,9に1,3,4,11を加えて馬連とワイドかな。3連複だと相手が多いので1を切ります。
④ 来週は早くも秋華賞です。アーモンドアイ、やっぱり強いんだろうなあ・・・私ラッキーライラック応援したいけど騎手がなあ・・・
オルフェーブル❤

毎日王冠完全的中! 他予想的中! 

昨日予想は当たってよかったです。でも穴馬が来てくれないので配当が安くて、なんだかなぁ・・・
① 東京1R1着、東京9R1着、予想通算14-3-1-2。複勝率90%。
② 東京1R的中馬連510、ワイド300,460,3連複1910。
 東京9R的中馬連280、ワイド130、130、3連複270。
 東京12R ボックスワイド的中750、保険がおりたという感じです。
③ 東京11R毎日王冠的中、軸に取ったアエロリットが1着、やっぱりモレイラ騎手、頼りになるなあ!馬連670、ワイド310,780、3連複3250でした。
④ 凱旋門賞は残念でした。エネイブル強かったですね。明日は京都大賞典、シュヴァルグラン、サトノダイヤモンドが登場します。
 日本の競馬が熱いです。

10月7日 毎日王冠(GII)予想 昨日予想的中!

今日は東京競馬場で毎日王冠が開催されます。秋の天皇賞を占う大事な一戦です。優勝馬に秋天の優先出走権が与えられますね。

昨日結果
① (軸馬)東京2R的中1着、 通算12-3-1-2 
② (予想) 京都12R完全的中です。1,4,5,8,9,13ボックス、軸馬は9が予想でしたが、5-9-4と入り、馬連1300、ワイド550、440、1150総取り、3連複3100円ついてました。基本はワイドなので軸馬から入ってもボックスで買っても収支はプラス。自分の予想とからめてもっとうまく的中している人もいるかも・・・
③ (メインレース)ハズレ、軸はバッチリでしたが、2着に人気薄が飛び込んだためワイドの270円だけ当たってました。
④ 特にないです。予想的中でよかったです。

本日予想
① 東京1R1、東京9R5
② 東京1R1-15,6,4,12,9,2。
  東京9R5-6,3,4,8,1,9。
  東京12R2,5,7,11,14,15。軸からなら11から。
③ 東京11R毎日王冠(GII)
  有力馬が多くて軸選びが難しいレース、一応モレイラを信頼してアエロリットから入ってみるかなあ・・・
  9ー4,5,7,2,1,3。です。
④ 毎日王冠ですが、モレイラ騎手が昨日9Rで斜行したため2日間の騎乗停止になりました。来週はお休みです。となると、心理はどうなのでしょう?? 私なら「よーし、ここはイッパツオレのジツリキ見せたる! 」って燃えます。彼は陽気なブラジリアン、きっと同じプラス思考で乗ってくれると思ってます。昨日9Rだって1着だったんでしょ、なんで斜行かなぁ??
 あと、凱旋門賞についてはこちらも見てくださいね❤
凱旋門賞1
凱旋門賞2

いよいよ凱旋門賞 武豊前哨戦で好騎乗

武豊さん、5日にパリのサンクルー競馬場で2鞍騎乗、6Rで見事優勝、7Rは4着でした。

以下は日刊スポーツ激ウマプレミアムからの記事を参考に書いたものです。

6R芝2000mダリア賞、ニスリーンに騎乗、道中は好位のインで脚をため、直線は早め先頭から追い比べを制し、好騎乗で場内を沸かせました。
7Rは芝2800mのスカラムーシュ賞、ミントジュレップに騎乗し、惜しくも4着でした。

武豊騎手のインタビュー
「1頭目のオーナーはシアトルの方で、イチローと友だちだと言ったら、驚いていました。うまくいきました。2頭とも、こちらへきて、すぐに騎乗依頼をいただきました。どちらもリステッド競走だし、いいなと思いました」
JRA4000勝達成は欧州でも大きく報じられ、多くの祝福をうけたことについては、
「意外でしたね。ここまでいろんな人が知っているとは、と思いました。6Rを勝ったとき、ペリエに“4001”って言われたけど、それは違うって言いました」と笑ったそうです。

あ、この時の豊さんの胸の内を不肖冴子が代弁すると「オレ、JRAだけで4000回勝ってんのー(#^ω^)海外はそれと別に100勝以上してんだからね! それと地方でもめっちゃ勝ってんだからぁ・・・」
でした。

なおリステッド競争というのは日本では「準重賞」、つまり重賞に準じるレースということで、JRAが2019年春から導入しようとしています。ウィキでは本来は重賞のカテゴリだったとあります。でもJRAは「準重賞」というわかったようなわからないような名前で区別し、オープン特別をさらにリステッドとそうでないものに分けるみたいです。当然リステッドが格上なので、賞金も上、ここで勝った馬が並のオープン特別に出る場合はハンデをつけるみたいなこと考えているようです。ワタシ的にはJRA営業サイドの姑息さを感じるんですけどね。レース名の後に「L」をつけるようです。
私のイメージ→ G1>G2>G3>リステッド>オープン特別>その他クラス別(なんとか万って付いてるやつ)特別>平場もろもろ・・・かなぁ・・・はぁややこし!

さらに凱旋門賞についてはクリンチャーが1枠に入ったことについて、「1番でしたね。内がいいと思っていましたから。どう乗ろうとはまだ決めていません」と話し、「僕が来ている年は金曜のサンクルーはいつもドボドボの馬場なんだけど、今日は硬い馬場でしたね。与えられた条件でやるしかない。とにかく順調にレースを迎えられればいいし、土曜もロンシャンで乗るので、どういう感じか確かめたい」と前を向いた、とありました。もう下馬評ふっ飛ばしてネ!

そして言葉どおり土曜日(6日)にロンシャンで第3R(芝2000m、18頭)にマジックソングに騎乗した豊さんは好位追走から直線は一瞬先頭に立つ競馬で場内を沸かせました。
結果は惜しくも2着でしたが、凱旋門賞本番に向けて手応えを感じたに違いありません。
さあ、天才武豊49歳、どんなレースを見せてくれるんでしょうか。凱旋門賞(ロンシャン、第4レース)は日本時間7日23時5分(現地時間 16時05分)発走予定です。
なおインターネット投票は日本時間の10月7日(日曜)AM7時から発売開始予定です。

アトピーの症状の改善 ダニ、カビ、ハウスダスト撃退の方法1

今回は食べ物以外で起こるアトピー症状の改善の方法を、我が家の経験をふまえてまとめてみました。

その前に過去記事関連ですが、かゆみ止め(殺菌成分も入っている)ノンステロイドのキシロA、中長期的に体質改善に効果があるルイボスティーアルカリイオン水について書いています。なにかの参考になればと思います。

さて、前回書いたように、私のアレルギー値のうち、食べ物以外で高かったのは次のものです。
前回記事はこちら→アレルギー検査

アトピー性皮膚炎の原因を簡単に整理すると、大きくふたつあります。免疫異常(これがアレルギー)と皮膚バリヤーの異常です。

アレルギーとは、普通の人は起こさないのに、特定の人は(つまりアトピっ子とか、それ以外にも花粉症とかもそうですね)体に湿疹が出来たり、かゆみが出たり、ひどい場合はアナフィラキシーショックを引き起こしたりする異常な免疫反応のことで、その原因になるものをアレルゲンといいます。
で、アレルゲンは人によって違うので、前回のように血液検査などで個別のアレルゲンを突き止める訳ですが、いつも同じではないので、あくまでも参考です。

とはいえ、誰が考えても体に害があり、除去の必要があり、でないと万病の元にもなるものがあります。私も悩まされているダニ、ホコリ、カビなどがその代表、まずはこういった悪者をやっつけないといけないわけで、今回はその方法を考えてみます。要は住環境を清潔に保てればいいのですが、それが一筋縄ではいきません。

次に皮膚バリヤーの異常、弱体化です。ご存知のとおり、スターウォーズでもバリヤーが破られると敵の攻撃を受けてしまいます。帝国軍に攻撃を受け、バリヤーを破損されたジェダイはピンチです! バリヤーをはらなければ! というわけで今度は皮膚のバリヤーについて考えてみると、皮膚バリヤーはまず体内から水分を失われないようにします。私も含めて保湿保湿って神経使っていませんか。保湿って、実は体内の水分を失わないようにすることですよ。体内に水分ないのにお肌が潤うわけないですよね。さらに皮膚のバリやーは外からのいろいろな刺激や細菌が体内に侵入するのを防いでくれるわけです。当然のことながらこのバリヤー機能が弱くなると、体内からは水分が失われ、体外からはアレルゲンが侵入してくるという最悪の状態に陥ってしまいます。
「そやから保湿やろ! 私ええやつ使ことるから」とか思いましたか? 

私だって大概いろいろ試してます。でも、なんでもかんでも化粧品関係を体に塗ってればいいとは思わないでしょう?
意外に見落とされてるのが、住環境との関連性です。ちょうど大学の臨床薬学の先生と話す機会があって、とても納得のいく説明を聞かせてもらいました。たまたま家に内科医やってる叔母が来ていたので、同じような話をしましたが、言われれば当たり前、でも気づかなかった的な話がありました。

要するに、免疫(アレルギー)の異常にしても、皮膚のバリヤー機能の異常にしても、住環境の変化に影響を受けるんです。例えば高温多湿の中ではダニやカビの増殖が増え、体温は上昇し、汗もかく。するとかゆみも出てくる、掻くと自ら皮膚バリヤーを壊し、そこからエイリアンが侵入するという悪循環、ジェダイ軍大苦戦となるわけです。逆に低温で空気が乾燥する冬場だと、皮膚が乾燥し、いうまでもなくまたもバリヤーが傷つけられ、皮膚が刺激に弱くなり、皮膚荒れが起こり、悪化します。普通の肌を持つ女性でもこの乾燥に悩まされている人多いですものね。

当たり前の話で頭を整理したところで具体的な敵の分析です。
まずにっくきダニ!
 ダニにとって快適な環境は、温度20度~25度、湿度50%以上、湿度が50%以下では繁殖しないといわれます。産卵したり住み着く場所は湿度を確保してくれる場所、湿度を逃さない場所です。豊富に繊維があるカーペット、ベッド、ソファ、カーテンといった、どうしても掃除が行き届かない場所がダニの温床ですね。となると、ダニを減らすためには、換気をよくし、こまめに掃除し、湿度を過度に上げないことが必要です。布団や枕などは日干しして、出来れば裏返してまた日干し・・・主婦なめんなよ! 忙しいのに! 
そうです、忙しいのにそんなこと出来ません。そこで裏技は、日干ししたまま放っておいて、時間が経てば布団の日に当たっていた方をバンバンたたき、そのまま取り込みます。取り込んだらすぐに日に当てていなかった方を思いっきり掃除機をかけまくるんです。布団たたきは度が過ぎると綿を傷めたり、死骸を細かくして睡眠時に吸い込みやすくなるのでほどほどでいいと思います。
ダニは暑いのや乾燥が苦手なため、布団を日に当てると、どんどん内側に逃げ込みます。またダニは振動に弱いため、たたくとそのショックで一定死滅したりしますが、とにかく日に当ててなかった方、つまり裏側に逃げています。それを狙って掃除機をかけるわけです。これでかなりのダニやその死骸を駆逐することが出来ます。・・・と、ここまではご存知の方も多いのではないかと思います。

でもその前にすることがあります。それは「原因は元から断て! 」です。極端に言えば、いかにもダニの温床になり易そうなカーペット、ソファ、ベッドは使わない。抗菌性のものや、木製など、家具を工夫することの方が大切です。そうはいってもソファとか要りますよね。そこでどうしても使わないといけない繊維を使った家具には必殺の武器があります。
我が家では清潔好きの母中心にお掃除はよくしてて、比較的清潔な住環境だと思うんです。
ところが、数年前の6月頃、ソファに座っていた私、なんか体のあちこちが痒い! 見るとあちこちが赤くなって、腫れ気味、変だ変だ! 家で話すと、これはダニに違いない! ということになりました。早速ソファに掃除機を嫌になるほどかけ、ついでに別のソファや布団などにも掃除機をかけまくりましたが、気分的なものもあり、また実際痒みが出てきます。
そこでDadが見つけてきたのがこれです。ダニシート。

これをソファに3枚挟み込みました。あとは布団やタンスなどに放り込みました。
すると、2,3日で見事にかゆみが収まってきたではないですか! これはすごい、まさに本物研究所一押しの一品です。
ダニ捕りマットもたくさん種類があって迷ったりします。ついつい値段の安さに惹かれたりもします。でも、特に赤ちゃんのいるお家やペットを飼っているお家では本格的に対策をとらないと、後悔します。値段の差といっても何万もするものではないので、ここは最上と思えるものを買いましょう。
ここでオススメしているのは我が家でも使用し、ひよこくらぶやアトピー協会の推薦も受けた安全度が高く、効果てきめんの日本製のもので、安心してお使いいただけると思います。
こちらもオススメの品

他にもあるとは思いますし、他のものでも効果さえあればいいのですが、とにかく赤ちゃんにも安心なものを選ぶのは基本だと思います。
スプレータイプの除去剤も使ってみましたが、ソファが濡れるし、効き目があったのかどうかイマイチわからなかったのでここでは取り上げていません。またレイコップも使いましたが、そのうちランプが切れてしまい、こちらも効果がよくわからなかったのでここでは触れません

次にカビ、これも厄介です。アトピーだけでなく、あらゆる病気の遠因といわれています。あの独特の「カビ臭い」匂いは嗅ぐだけで病気になりそうですね。
カビの繁殖には高い湿度、適当な温度環境、栄養源が必須であり、ということはカビもダニも同じような環境で増殖すると考えられます。つまりダニ対策はカビ対策にもつながる訳です。特に湿度には注意です。除湿機やエアコンをうまく使って湿度を調整することが大切ですが、湿度ってついつい計ってません。そういった時に意外に活躍するのがこれです。
CITIZEN シチズン 温度計 湿度計 時計付き ライフナビD200A 白 8RD200-A03
うちはこれをテレビの横においていますが、特別なことをしなくても勝手に目に入るので、表示湿度によってエアコンなどで湿度を調整しています。

さてカビがダニより厄介なのは、どこにでも生えること。特にお風呂、洗面所にはうちも悩まされています。最初からの対策としては、タイルを避けること。これはご存知のようにカビはタイルの目地が大好きだからです。でもすでにタイルでお風呂の壁や床を作っているお家(うちもそうです)は大変です。カビキラーを吹き付けて洗うけど、塩素の匂いで倒れそうになるし・・・
小さいお子さんがいるお家では健康のことも心配です。そういうときはこれです。
アース製薬 らくハピ お風呂の防カビ剤 無香性
ルック おふろの防カビくん煙剤 フローラルの香り 5g 
これらはいずれも塩素不使用で嫌なニオイがないし、使い方もすごく簡単、いわゆる燻煙型ですが、使ってみるとわかります。是非サイトのカスタマーズレビューを読んでみて下さい。明らかにカビが出てくるまでの時間が伸びたことがわかります。また使った後でも普通にお風呂掃除も出来ますよ。これを使ってみて母は掃除の間隔が倍にのびたと言ってます。

さて、カビの発生する場所はお家の構造や家族構成、生活様式で変わってきますが、一度家族会議をやって、それぞれが思い当たるところを出し合い、その場所の防カビ対策を話し合うといいです。我が家では晩御飯の時、ときたまその話題になります。盲点(?)になっていたりするのが、ついつい面倒くさがって、汗かいたくせにそのままクローゼットにしまいこんで忘れてしまったりする洋服です。そのまま時間が経つと間違いなくカビが発生します。

まとめると、ダニ撃滅作戦→ ダニシートをばらまく。こまめに掃除機をかける。布団干しの裏技を使う。出来ればダニが好むような家具を避ける。
カビ撃滅作戦→ 家全体の温度、湿度に気を配る。発生しやすいところをチェックしておき、その場所ごとに乾燥剤などを置く。特に浴室は防カビ剤などで最初から防ぐ。使用後窓を開けたりして湿気がこもらないようにする。
 といったところでしょうか。ここではダニ、カビ対策を書きました。長くなったので、ハウスダスト、花粉などのうちの対策は次回に回します。

10月6日予想 サウジアラビアロイヤルカップ(GIII)

10月2日(月)の結果です
① ありませんでした。11-3-1-2のままです。
② 的中ですが、配当がワイド440円とショボくトリマイ、軸馬がよく当たってボックス買いが今の所無駄になってます。
③ ハズレ、変則開催で重賞でもなく、頭数も7頭、盛り上がらない1日でした。
④ 特にありません。

10月6日(土)予想
① 東京2R 8
② 京都12R ワイドボックス1,4,5,8,9,13。軸から入るなら9からになります。
③ 東京11R サウジアラビアロイヤルカップ(GIII)です。頭数が8頭ですから資金配分が必要なのかも知れません。
       4ー1,2,3,7を馬連+三連複が基本でしょうか。
④ 今週は3日開催ですが、またも台風の影響が出そうですね、馬場はあまりいいコンディションでないだろうし・・・
 どうして台風土日を狙うんでしょうね・・・

今朝の朝刊に1面全部取って凱旋門賞の広告出てました。なんか煽ってる感ハンパないんですけど。この時期になると私の中でモヤモヤ感があるんですよね。日本人のアイデンティティってないなあ・・・と訳もなく思ったり。「楽しんだらええやん」「そやな、そやな」みたいな自問自答を繰り返したり・・・
私はデータ競馬派なので海外の競馬は見て楽しむだけだけど、見る分にはロンシャンやエプソムなど外国の競馬場って素敵です。
なにしろ歴史的にみると、女王の競馬場アスコットとかダービーの行われるエプソムは300年の伝統を持っています。馬との距離が近く、歴史的に競馬が文化の一部になっているヨーロッパに比べると日本はまだまだ競馬の歴史浅いです。ダービーといえば競馬先進国に憧れて日本という限定詞付けてもダービーって作って、そこで勝つのが競馬関係者の夢っていいますものね。そういえば同じ競馬後発国のアメリカでもケンタッキーダービーってあるなあ。本家イギリスのダービーはなんと239回目、イギリス貴族の地位をお金出してでも買いたいアメリカのケンタッキーダービーが144回目、わずか85回目の日本ダービーはまだヒヨコですね。さすがに日本凱旋門賞って、恥ずかしくて付けられないんだろうなあ・・・そかそか、だから余計に憧れるんでね! ダービーはもうあるからなあ。変な文になってごめんなさい(._.)

ワイキキ ダイヤモンドヘッドの登り方 土曜日午後が狙い目 トロリーを使う


夏休みにハワイに行きました。日本人がハワイ大好きなのよくわかりました。
ハワイは1959年にアメリカ50番目の州になったんですよね。ハワイはアメリカです。
日本人とは縁が深いのですが、行ってみて驚いたのは、案内看板などの言語の2番めが日本語です。
しかも大抵のお店には日本語を話せるスタッフはいるし、あっちこっちで日本語が飛び交う。
年配者、高齢者の日本人観光客も多いですが、納得です。安心感漂ってます。

さて、ハワイ旅行2日目にダイヤモンドヘッド登山を敢行、天気は絶好!

ホテルからはトロリーバスのキップ売り場に行って、ピンク+グリーンラインの1日券を買います。値段は大人24ドル、子ども(3歳~11歳)15ドル。
ここで注意! 私達はこの切符売り場探しでとても苦労しました。バスは次々来ますが、キップ持ってないと乗れない(当たり前)、で、1日券とかはバスで買えないですから。
絶対確実な方法は事前にホテルで道順や必要と思う手順を聞いておくこと、キップ売り場に確実に着くことが第一条件、あとは売り場で説明求めれば教えてくれます。
そして売り場でここで写真載せてるパンフをゲット、これも必須項目です。なんどネットや雑誌の情報を見てもイマイチだったけど、このパンフでやっとわかった! って感じでした。

なぜピンク+グリーンがというと、ピンクラインは上の地図でブルー囲みのところ、つまり繁華街買い物系を網羅していて、大変便利、1日買い物に利用できます。
そしてグリーンはこれ持ってないとダイヤモンドヘッド行けませんから(笑)

お金があればタクシー使えばいいとは思うけど、大概無駄金と思うなあ・・・
好きなように観光できないし、バスは走りまくってるから降りて乗ってまた降りてって、その日中楽しめるし、早めに並ぶと2階席ゲットできて、眺めも楽しいです。

遊園地のバスのように両側がオープンで、周りの景色を楽しみながら2,30分で着きます。途中、フォトスポット(ダイヤモンドヘッド。ルックアウト)でちゃんと停まってくれるからカメラ用意しておけばいいです。素晴らしい風景が広がっています。

次になぜ土曜日の午後かというと、午前中は何故か土曜日の午前中しかやっていないファーマーズマーケットに突入だからです!
グリーンラインの「KCCファーマーズ・マーケット」駅(駅番号10)で降りる。このファーマーズマーケットはダイヤモンドヘッドクレータの前にあるのだ!

ファーマーズマーケットは7時半からやってますが、あまり早い時間はオススメしません。
理由は、まず朝相当早く起きて、何らかの方法でマーケットまで着かなければならない。トロリーはまだ動いていない。次に、朝早い方がいいと考えている観光客が押し寄せてハンパな込み方ではない。からです。よって私はのんびり午前中は遅い目にファーマーズマーケット、小さな子どもさんがいればなおさらかな・・・マーケットを楽しみ、一服してから登山、ダイヤモンドヘッド逃げませんから。

もちろんファーマーズマーケットはパスというのであれば、登山はいつでもいいわけですから、午前中に登るのがいいのかも知れません。というのはハワイは昼間にかけてどんどん日差しが強くなるから。爽やかだけど暑いのは暑いです。

ファーマーズマーケットの雰囲気は、私的に一番近かったのは万博とかでやってるロハスフェスタと、地域の夏祭りを小学校のグラウンドなんかでやってるでしょ? あれを混ぜ合わせた感じ、9時半ごろ着いたかなあ・・・あわてんぼさんはとっとと食べて山登りにいったんでしょう。めちゃくちゃ混んでもいないし、ほとんど並ぶ必要もなかったです。素朴感あって、いかにも自家製っていう感じの美味しい食べ物が一杯!
ついでに、座るためのレジャーシートとか、ウエットティッシュ、ティッシュがあった方がいいと思います。うちは菜箸にプラフォーク、スプーンも持っていったからな(笑)

 シンプルだけどとても美味しい

ここで午前中を堪能し、腹ごしらえもしたらクレーターの広場で一休み、トイレも済ませていよいよダイヤモンドヘッドに登りに行きます。
そもそもダイヤモンドヘッドとは何ぞや? 
火山です。もともとハワイ語では「レアヒ」(マグロの額)と呼ばれていましたが、19世紀に、パンフによると、そのキラキラする外観を見てダイヤモンドを発見したと勘違いしたイギリスの船員によって「ダイヤモンドヘッド」と呼ばれた、とあります。一方ウィキでは「火口の方解石の結晶をダイヤモンドと間違った水夫がそう名付けた」とあります。
火山といえばクレーターでしょう? 行ってみればわかりますが、クレーターですから窪んだ状態の真ん中辺りに登山口があり、お店もトイレもあります。
1ドル払って入山します。車だと5ドル、お釣りのいらないよう少額紙幣の用意は常識です。

どんな持ち物が要って、どんな服装がいいのか、ですが、サイトによっては、あるいはガイドブックにも、ハイキングコースで割に簡単に登れそうなことを書いているものが多いですが、これは大間違いと思います。

服装は、距離は短い(1.1kmくらい)とはいえ登山ですから、汗をかきます。暑くなれば脱ぎ、冷えてきたら着れるような薄手のパーカーや、着替えのTシャツを持ってるといいです。
あとは帽子、日焼け止め(先にも塗っておく)、水(ノド乾きます。出来れば大きめのボトルがいいけどなあ)、ハンカチ、タオル、カメラの取り出しがしやすいポシェットとか。軽装でなおかつ必要物を持っていく、となれば、事前にダイヤモンドヘッド用のポシェットか軽くて小さめのリュックを持っていくと完璧かな。
靴は履き慣れたスニーカー、道は狭く、舗装がされているのは最初だけ、そこに全世界の観光客が押し寄せてます。場所によってはすれ違いだけでも大変なんです。そして有名な最後の99階段。この辺りは若者でもキツイ。へたって休憩している人多数。サンダル女子がどこかが切れて困っているのに遭遇しましたが、同情する気になれませんでした。ダイヤモンドヘッドなめんなよって思いましたもん。本格登山レベルではないですが、高齢者や年少者にはかなりキツイ工程になります。あまり安直に行くと痛い目にあいますよ。

でもま、頂上に登ったらそんな苦労も忘れる絶景が広がります。あんな綺麗な景色見たの久しぶりだったなあ!
海の色が、沖縄もキレイだったけど、周りの風景がまた違うから本当に新鮮でした。人気スポットになっているのがよくわかります。

ハワイ旅行を考えていて、ダイヤモンドヘッド未経験でしたら、是非行ってみましょう。頂上の展望台のところ、さらに数段の階段を登って真のテッペンに着きます。狭いスペースですが、当然ここに登って写真を撮りたくなります。ふたり一緒の写真や家族で写真となると、自撮りもありますが、気楽に周りの人に声をかけましょう。大体が相手も同じように思ってますから、交代ばんこで撮りあったらバッチリです。

最後に登山口に戻ってきます。クレーターのくぼみに入っている訳ですが、大きい広場があって、ベンチやお店があります。トイレを済ませてホッと一息、ここで是非飲んでみたいのがフレッシュスムージー、いろいろありますが、見た目が楽しいのはやっぱりパイナップルスムージーです。本当のパイナップルをくり抜いた中にタップリとスムージーを注いでくれます。ウマー❤

ハワイ、また行きたいです!

凱旋門賞展望

こんにちは、いよいよ凱旋門賞です。Dadも私もあれはハンデの重賞と思っていますが、注目度が高いのと、私のココロの中では幻の凱旋門賞馬オルフェーブルのことがあるので、無視できないレースです。
そこで今年の様子をみてみました。
日本代表馬はクリンチャー、GIIレベルの馬で、今までの日本参戦馬と比べるとどう考えても格落ち、おまけにフォア賞もベべでした。テレビ局は話題作りに困っているでしょうね。
こうなれば逆に考えるしかありません。注目されてないからチャンスだ! 案外好走したりなんかして・・・

さて、今年の凱旋門賞は、日本時間10月7日(日)23:05発走予定です。馬券も買えますから参加してフランスの文化を楽しむのもいいのではないでしょうか。
JRAVANで特集してます。興味のある方は下のサイトへどうぞ!
凱旋門賞

日本馬はちょっと地味目ですが、外国出走馬は、昨年の凱旋門賞を3歳で制したエネイブル、GIを2連勝中の3歳牝馬シーオブクラス、仏ダービー馬スタディオブマンなど、注目馬も多く、今年も多数頭の激戦になりそうです。
昨年は破竹の4連勝で舞台に臨み、優勝したエネイブル、しかし今年は条件が違います。まず故障で11ヶ月も休養したこと、そしてこのレース、最初にハンデ戦と言いましたが、4歳牝馬は58kg、エネイブル、昨年は55kgでの出走だったんですね、今年は58kgを背負います。そして今年55kgの恩恵に浴すのが3歳牝馬シーオブクラスとマジカルです。
ちなみに4歳牡馬の斤量は59.5kgです。距離は2400m、どう考えても不平等と思うんだけどなぁ・・・
さあどうなるのでしょうか、馬券が買えるようになり、テレビ放映もされるので楽しめます。ロンシャンは日本の競馬場とは違って、馬と観客の距離が近い感じです(>ω<)、物理的にも心理的にも近い気がします。その辺りの空気を感じてみたいと、私は思っています。あ、豊さん、頑張ってください!

マウスカーソルが動かない 簡単過ぎる解決方法

冴子です。

しばらく前から、マウスのカーソルが思うように動かなくなって、いくらコロコロしても画面上のカーソルが動きません。たまにこちらの意図と違うように動きます。
まったく役にたたないし、イラつくし、あー、もうもう!!

仕方ないのでエクセルとか矢印キーで移動させたり、マウスの真ん中の出っ張りを押して変なマークを出してそれで操作したりしてましたが、ものすごくストレス!
そうか、マウスのカーソル1つでここまで作業効率が下がるのか・・・

で、早速ネットで解決方法を検索しましたが、なんか難しい。
そんな中に、「超カンタン」っていうのがあって、ブローで風を吹き込んだらなおったっていうんです。

 これがPCお掃除用ブロー、キーボードとか時々パフパフしてやるといいみたい。

「おお、そんなことぐらいなら出来るぞ」と、ブローで思いっきり吹きかけたけど、少しホコリが飛んだだけで動きに変化なし。ハァ・・・
と思って、よく見ると、なんじゃこれは! マウスの裏ってこんなに汚れてたのかあ・・・
裏を見るとホコリのようなものが一杯ついてるし、すき間から覗くと中にも入っていそう。よし、ともかく掃除してみるか、と、ドライバーで底のネジ外して見ました。

写真撮り忘れたけど、まあすごかったです。わかりますよね? あの、掃除機かけた時、手元の透明の吸ったの貯める部分に髪の毛とか綿埃とか、その他諸々がイッパイになりますよね。
あれっぽいのがもわもわ絡みついて不潔!!

「これはいけないわ」と、キレイにお掃除、でもま、それで動くわけもなく・・・
と、ネジを元に戻して動かしたら、え! 完璧回復か!

えええ、こんなにカンタンなことだったのか! と、不思議な感動が湧いてきました。
お困りの皆さん、是非一度お掃除してみてください。で、それでダメなら下のサイトね(笑)

マウスやキーボードが動かない原因と対処方法

本当に正しいピアノと先生の選び方 冴子の独り言

なはは、このところ別のカテゴリにかかってて、このテーマDadに任せてたけど、ようやく私が登場となったので、少し感想書いてみます。

私は3歳からピアノを習ってきた訳だけど、だから15年以上弾いてます。そうなると最早プロも顔負けってレベルでもおかしくないように
思う人もいるけど、とんでもない。
なんせピアノ大好き! 先生大好き! でも練習はダーイダーイキライ!
なわけです。私にとってのピアノは毎日の生活の一部になってるけど、それは毎日弾いてるという意味ではないのだ(笑)


チビチビの時に使っていた教本たち、レッスンのたびに好きなシール選ばせてくれて好きなところに貼らせてくれた。うれしかったなぁ!
 特別気に入っていた「おさるのかごや」という曲、有名な童謡ではない。長い間これを口ずさんでいて、姉も覚えていて一緒に合唱したり(爆笑)ダーイすき❤

先生は本当に素敵に優しくて、それでいてツボはしっかり抑えてくれる、名教師ここにあり!を地で行くひとだけど、発表会を必ずやるんだよねー
で、普段は週1,2の練習だけど、さすがに発表会前はスイッチ入ってめちゃめちゃ練習するんです。全然苦じゃないから不思議です。
小さい頃から出てるし、その写真もちゃんと、こだわり大好き、ハーレー大好きのITエンジニアの先生の旦那さんが全部録画してくれてるし、立派な写真も残ってます。Dadがそこら中に写真を飾ってるので、イヤでも目に入ったりします。たまにしっかり見てみると、フリフリドレスを着た得意げな自分がいて、なんか微笑ましいなあ・・・ピアノやっててよかったなーって思うんです。
ようやくソナタとか弾いてるけど、私より遅く始めて去年だっけ、東京芸大入った人もいれば、ピアノが大好きになって調律師になった人もいます。先生の生徒さんで、ついにピアノの先生になった人もいますよ。

私は細くなが~く、楽しみで弾いていこう思ってるけど、レッスン1度もイヤと思ったことないし、練習ゼロで習いに行ったことも数知れず。先生の生徒さんは多士済々、各自が自分のスタンスに応じて習っていって、自分とピアノとの関係を築いてるんです。これって凄いよなあ・・・
私は「さえちゃんとしゃべってると癒やされるー! 」て言われてます(自慢? )
でも「しゃべってる」です、「しゃべってる」! 弾いてるじゃないから(爆笑)