ローズステークス枠順決定

いよいよ秋華賞トライアルローズステークス、菊花賞トライアルセントライト記念ですね!

ローズステークスの前に、明日、応援したい馬がいるので書きます!

それは阪神5Rのオーロトラジェです。彼女はオルフェーヴルの娘、お母さんはミュージカルウェイ。半姉にミッキークイーンがいます。

厩舎の話では馬体はいい意味でお父さん似、気性面はお母さん似かなということです。つまり逸走とかしないのね(爆笑)皆さん応援してくださいね❤

ではローズステークスです。日刊コンピが発表になりました。

ただ、これ勝手に載せたらダメなんですよねきっと。

なので、私的には事前予想で挙げておいた有力馬からサトノワルキューレを軸にします。

理由は、まず1番人気が善戦するレースであること、2,3番人気が逆に不甲斐ないこと、つまりサトノが1番人気と読んでるんです。

次に騎手がM・デムーロであること、メインレースの連対率は339%あります。

あとは脚質と枠順です。このレースは上がり最速馬が勝つというデータがあります。この馬に有利だと思っています。また枠も真ん中でいいのではないかな・・・

気まぐれにDadに「不安要素なに? 」って聞いたら、「①馬の距離がベストじゃない、②デムーロは本番で本気出すタイプ、秋華賞も乗ってくるから今回はメイチじゃないな。」

とか言ってました。「んじゃ軸は? 」って聞いたら、「単勝は危ないけどカッコはつけるやろ」って、つまりワルキューレやん(笑)

最終結論はオッズを見てからです(って、これ私の結構気に入ってるサイトの受け売りでーす)

 

リターン トゥ ティファニー Please return to TIFFANY


リターントゥティファニーはファンなら誰でも知っているように拾ったらティファニーへという意味だし、実際1969年に発売されたキーリングにはシリアルナンバーがあって、持ち主が失っても、ティファニーに戻った時には所有者に返されるというサービスもあったんですね。

でも、実はあの忌まわしい2001年9月11日からは、この英語には別の意味が加わっていたのはご存知ですか。

ニューヨークのワールドトレードセンターがイスラム過激派によるテロで崩壊し、五番街のティファニー本店もその影響で商売どころではなくなっていた時、「皆さん、いつか元気になったらティファニーに戻ってきてくださいね! 」(プリーズ リターン トゥ ティファニー)という願いを込めて作り出したのがこのアクセサリーなんですね。

私がこれをアメリカの友人から聞いた時、改めてティファニーのファンになったし、何よりアメリカの人たちの気概というのか、優しさというのか、あー、アメリカってやっぱりグレイトだぁ! と思いました。

トランプさんがアメリカを再び偉大に(Make America Great Again! )って言ってるけど、私は故マケイン上院議員の娘メガンさんのスピーチの最後の「アメリカは再び偉大になんかならなくていい、だってこれまでずっと偉大だったんだから(because America was always great! )」という言葉にグッと来ました。日本だってグレイトだと思うのになんであんなに謝るのかとちょっと悔しい気がしました。

さあ、そのリターントゥティファニーの新作が出たっていうティファニーブティックからのメールが来たので(登録しておけばタダで送ってくれる)写真載せときます(* ´ ▽ ` *)

6E2A47480E4A39A27CF9AF6AA2734BCA.jpg

ティファニーに似合うウォッチ、いろいろあるけど、新興勢力ROBOR(ロバー)とか素敵です。リーズナブルな価格で私が今欲しいアイテムの1つです。ティファニー持つなら、他のものもトータルで考えたいなあ・・・

新型iPhoneXSMax 新型アイフォーン本日(9月14日)予約開始!


この記事はDad担当だよ

米アップルが9月12日にアイフォーンテンエス(XS)をはじめとする3機種を発表したことは皆さんご存知と思う。日本での予約開始が今日14日、発売は9月21日からだ。

方向は①高性能化・高額化、②普及価格帯にも対応、ということらしい。

ここから見える経営側の戦略は高額化による高収益の確保と普及品の投入による利用者の維持拡大ということになるだろう。

そもそも私の世代でアップルといえば、まだNECが、デザインに拘る人種には拒否反応を起こさせるウルトラダサいPCを売り出していた頃に、「これ?何? 」という、信じられないような美しいPCを出していた。

特にそのキーボードの薄さ、美しく、しかもタッチがNECの深いストロークとカタカタ言う音にくらべ、力もいらず、そして何よりも右隅だったかと思うが、かわいい少しかじられたリンゴのロゴ・・・一瞬で恋をしてしまったという人もいるはずだ。

それほど先進性を持ち、革新的だった。それは今も変わらない。

でももちろん買えなかった。値段も目が回るほど高かったのだ。

若い人たちには信じられないだろうが、当時デスクトップPCが7,80万円だった。それから何年もしてついにシャープがノートブック型(といってもとても重い奴)を出して、飛びついたがそれが43万だった(笑)

なので今回最上位機種が12万2800円と言われてもあんまり驚かない。

だって、「もうこれ1つあったら他には何もいらんわ」という生活必需品だ。車よりバイクより、そして高級自転車よりも圧倒的に安い。

そう考えればそれほど高い買い物ではない。おまけに今回は普及価格帯のXRなら84800円だ。

ではどう変わったのか? 新型XSは買いか?

CEOのティム・クックは「アイフォーンXを次のレベルに持っていく」と言っているらしいが、具体的にはどのレベルかもう一つわからない。

使用者側からみるとどこが変わっているのか。下の写真(新聞からのコピーで写りが悪くてすみません)を見てみよう。

一番右が最上位機種SMaxだ。ひと目でわかるのは大きくなったこと。画面サイズは6.5インチ。初代Xは5.8インチだったからその違いがわかるはずだ。一番右がXS6.5インチ、その左がXS5.8インチ、わかりにくいが真ん中が普及型のXRで、この画面は6.1インチある。左の2つは7と8とそのプラス型のサイズだ。見比べの参考に。

むかーしむかし、「大きいことはいいことだ」というCMがあった。画面が大きいのはいいことだと思っている。スマホの小さい画面での作業には限界があるというのが私の持論だ。しかしこうなってくると、我が愛用のiPadminiとあんまりかわらんのと違うやろか・・・と思ったりもする。
そもそもホームボタンがなく、サイズ一杯に画面を広げたのは初代と同じだし、情報処理能力を上げたというがそんなのは当たり前。写真の背景のぼかし具合を調節できて今まで以上にきれいな写真や動画を撮れるようになった? 今までのアップル製品で撮る写真も十分綺麗なんですけど・・・そこまでこだわる人、そんなにいる?と思ったりもする。

10月26日に発売の普及版XR(テンアール)は画面が有機ELではなく、画面サイズは6.1インチ。普及型といえど8万4800円だ。そんなにこだわりを持たないけど「Xが欲しいのよ! 」という人はもう1ヶ月待つ方がいいかもしれない。

アップルは同時に画面を3割程度拡大し、心電図測定機能を持たせたアップルウォッチの新製品を発表した。スポーツをやる人間には魅力的な機能なのだが、所詮アイフォーンあっての機器で、アイフォーンと連動するわけだからアイフォーンの利用者の数とアップルウォッチの売上とも連動するわけだ。

韓国・中国勢の追い上げ(というか、もうシェア的には抜かれてるか?)をかわして売上を伸ばしていくため、ティム・クックCEOは難しい対応を迫られることになる。

私個人的にはアップルマッキントッシュは秘密裏にとんでもない物を開発していると思っている。でなければ10年も先のデザインと性能を提供し、PC好きの憧れであったMacintoshではないのだ!

ローズステークス展望

FC2の方には掲載しましたが、9月9日の結果と、13日段階のローズステークスの事前予想です。

9月9日結果

①(軸馬)中山2R1着120、中山3R的中1着160。

  ブログ開設以来複勝率100%継続中・・・うーん、出来過ぎだなぁ・・・

  1着6頭、2着3頭、3着1頭

② 中山2R的中、馬連230,ワイド120,170、3連複380 安いニャア穴馬が1頭2着に来てくれるといいんですけど(。-_-。)

中山3R的中、馬連340、ワイド170,470、3連複1140。

3連単も獲れてるんですけど私はほぼやらないので、獲られた皆様おめでとうございます!

③ 阪神11Rセントウルステークス、とりあえず馬連、ワイドは予想通りでゲットでした。馬連730,ワイド340。

④ セントウルはなんとか獲ったけど、ポカやっちゃったんです。オススメしている間違いなく収支が改善する日刊スポーツコンピ指数の順位は14-9-2-11-6-7-13-5(8位まで、推薦馬は9)でした。
で、私はお伝えしたように2を軸にとりました。ところが、ヒモを決める段階で素直にコンピに従わず13を逃したわけです。結果3連複4010円の美味しい馬券をミスミスのがしました(;д;)あ~ん冴子のバカバカ。でもまコンピ指数の優秀さはよくわかりました。ハア~

さていよいよGI秋華賞に向かってトライアルレース満開です。今週は3日開催、日曜日がローズステークス、月曜日にセントライト記念があります。
ローズステークスの登録馬段階での有力馬は次の5頭です。
この情報は結構利用させていただいている消去法データによる抽出馬で、とても精度がいいです。父娘で愛用してます。
ローズステークスの3着までにくる有力馬はこの5頭です!
ウラヌスチャーム、サトノワルキューレ、サラキア、センテリュオ、オールフォーラブ。
この中で、ウラヌスは鞍上が戸崎→藤岡に変わっています。ブログで繰り返しお伝えしているように私の予想は騎手の比重が大きいのでこれは大きなマイナスです。
次にサトノワルキューレ、鞍上デムーロでオークス6着です。ローズSはオークス上位馬が活躍するので、上位馬のいないこのレースは大きなチャンスですね。
サラキア、チューリップ賞4着、フローラS4着で北村に変わり平場では2着、1着と結果を出していますが、ここへ来てまた池添に変わっています。
前走前々走とも平場の特別で出走馬10頭のレース。騎手の動き的にもG1は厳しいかも・・・
センテリュオですが、この馬は鞍上が川田から北村に変わりました。川田がオールフォーラブを選んだからでしょうか。軸馬としては微妙かな。
そのオールフォーラブは前走のオークスで9着に沈みましたが、全然走忘れな草賞を制していて侮れません。
以上のことから現段階ではサトノワルキューレ、オールフォーラブが軸馬候補と思っています。
最終決断は枠順が確定し利用しているサイトのデータ更新があってからになります。

Tiffanyのカップは日本製?


先日ハワイに旅行しました。初めてでしたが、日本人の多さとブランドショップの多さにビックリ( ゚Д゚)

で、前から疑問に思っていて、ネット検索でも納得のいく答えがみつからなかった事をショップのオーナーという方に尋ねました。それは・・・

憧れの五番街の本店カフェで出されたりそこでしか手に入らない素敵なカップ、底を見ると、「あれ? どうしてMade in Japan ? 」

なんで??なんで??せっかく日本人がわざわざニューヨークの5番街まで行ってメードインジャパン買わんなんのんじゃ?!
ありがたみ半減・・・と思うのは私だけですか?

 

ということで尋ねると、答えはわかりやすかったです。

「なんでメードインジャパンなんですか? 」
「ティファニーは国籍にこだわりません。いいとおもったところに注文を出すんです」
「じゃ、ボーンチャイナは日本製がいいと思われたんですか? 」
「そのとおりです。日本の陶器は素晴らしい! 最高です。私もファンのひとりです」

という訳です。なーんだ、分かりやす! リップサービスはあるにせよ、説得力あります。
大叔父が戦前東洋陶器(現TOTO)のデザイナーで、うちに素敵なカップやソーサーがありますが、みんな素敵なデザインと実用性。80年も経つのにうちでは現役です!
そして、現代の大倉陶園やノリタケ、成美製陶、品質としては世界に誇れるものです。
もう一つの納得理由は、アメリカで作るより安いという理由なら日本には制作依頼を出さないだろうなぁ・・・と思うからです。
日本にカップの注文を出し、アメリカに輸入していてもそんなに経済的メリットはないでしょう。
それならもっと人件費の安い国に出せばいいんです。ロイヤルコペンのように。
おまけの納得理由を言えば、Made in Japan の文字がクッキリしたブラックで際立っていることですね。

というわけで疑問解決、Made in Japan は高品質の証です。

余談ですが、ティファニーも実はロイヤルコペンのようにダブルスタンダード的なことをしてはいます。

このカップ、ご存知ですね。ある意味日本で最も人気の高いティファニー製品といえるかもしれません。
うちも父が4つ買って家族で楽しんでいます。素敵なカップです。
で、お分かりのようにこれはインドネシアで作ってるんですね。
インドネシア製だから悪いとかではないですよ。品質は買った人の目で判断されるのですから。
でも、間違いなく言えるのは、インドネシア製と知った段階で私は少しがっかりしたということ。
「Made in USA」だったらどれだけ満足度が上がったことか! 倍の値段でも買います。欧米志向のスノッブと言われようと私の感覚は父譲りでそうなんです。
それと、もうひとつ、たぶん間違いないと思っているのは、ティファニー、さっきの日本製とは違い、インドネシアの製陶技術が素晴らしいので発注したのではないでしょう? 経済上の理由からと思います。
物の価値は人それぞれが決めるもの、インドネシア製素晴らしい、さすがティファニーという方もあるかもしれませんし、デザインが気に入って買ったのよ、どこ製なんて関係ないわ!という方もあるでしょう。
そのとおりです。ロイヤルコペンがタイ製でも、その品質にかわりがないというなら、まあいいのかもしれません。

競馬の収支を改善するには


私は父(Dad)の影響で競馬が大好きになったのですが、彼は10年以上も無料の予想メールを、お世話になった人々に配信しています。

その返信などから父と語り合う中で、私なりにどうすれば競馬の収支が改善するか、収支をプラスに持っていけるかを考えてみました。(言い忘れました。私は中央競馬しか興味がないんです。地方競馬はわからないし、JRAだけで手一杯って感じです)

① まず当たり前のことをちゃんと受け入れること

競馬はゼロサム・ゲームです。ザックリといえば、馬券を買った段階で100円は75円ほどになります。残り25円ほどはとりあえず胴元であるJRAの懐に入るわけです。

かつて有馬記念1Rで875億円の売上というギネス記録があります25%は218億ほどですから、このたった1Rで胴元には218億が転がり込んだわけです。

いーなー、胴元!

残り75%を馬券を買ったファンが取り合うんですね。つまり私達が競馬で勝ったということは、負けた人のお金を取ったということです。流行りの「ウィンウィン」の関係は絶対に構築出来ないのがギャンブルの世界です。

なのに先日見た某サイトに「私と皆様の絶対的な信頼関を・・・」とありました。どんな信頼関係なんだろうなあ・・・

ネットを検索すると、無数の予想サイトがあります。いくら儲かった、回収率何百%、勝てる予想、など、景気のいい話を載せています。

でも、そんなことはあり得ないんでしょ? どう考えてもおかしい、オ・カ・シ・イ・・んです。

競馬ファンは大金持ちですか? ギャンブル依存症でウシジマくんのお世話になっている人がいても、蔵立てた人の話は聞きません。

もしどこかの予想サイトで、継続的に利益を出し、トータル収支が、投資額の75%を越え、さらに100%を越え、120,140、200%などという人がいたら(皆無とは言いません。天才さんは世の中にいますから)、私のブログあまり役にたたないかも知れません。なんとか100%超えを達成できないかなあ・・・と日々データ分析をやってるレベルですから・・・

でも私は競馬が大好きです、そして大好きでいたらいつか神様はプレゼントくれるなんて信じています。

② メンタルコントロールをする。そんなカッタルイこと言われてもなあ・・・ですよね。一番大切と思うのは「あまりブレない」ことです。

「ノウハウコレクター」という言葉があります。お金儲けなどの方法(ノウハウ)に関する情報を有料で買い、次々と試してみてすぐに諦めたり、「やっぱりこっちだわあ」と、次のノウハウを買ったり、

つまりノウハウを集めるのが趣味の人のことです。ブレまくりです。

競馬のファンにも同じような人がいます。新しい情報を手に入れ、試してダメならすぐに違う方法に目移り、結局あれはダメ、これもダメだと予想サイトを回る人です。また「理論上手の馬券ベタ」というのもあるそうです。ブレない心、これを鍛えるのには沢山競馬をやるのもいいですが、もっと人生を全体的視野で捉えて、今の心の状態や自分の性格を自己カウンセリング的に分析することにより、心を成長することも大切です。(あはー、これはLCCカウンセラーのDadの受け売り、あんな面倒くさがりでも結構メンタル強いからなぁ・・)

③ 何事も勉強勉強、勉強です!自分に合った予想法を確立する!

「勉強」というと「しんどい、苦しい、大変だ」というイメージがありますが、そんなことはありません。自分の好きなことをやれるんです。私はデータ分析してると時間の経つのを忘れます。そして自分に合ったデータやソフト、プログラムを手に入れ、それをとことんカスタマイズして自分流のものにする。予想サイトの予想買い目をそのまま買うのはオススメ出来ません。それは人の予想であり、ハズレが続くと理不尽なダメージが蓄積されるものだから。

私は3つのデータ系サイトを組み合わせて自分流にアレンジし、ソフトに組み込んで予想を組み立てますが、その予想の柱のひとつが激ウマプレミアムです。値段も安く、おバカな高額予想サイトに登録するくらいならこのサイトのコンピ指数だけを頼りに買った方がはるかに当たります。
日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

コンピ指数の威力は私の予想の結果をご覧になればわかると思います。特にメインレースにはこの指数の比重を高くとっていい結果を出しています。

ああでもないこうでもない・・・そう、競馬は推理のゲームといわれます。不確定な要素はあるけど、それはそれで面白いんです。でも、いくらなんでも負け続けてたら楽しさも半減しちゃいます。やるからには勝つ!

④ メインレースに固執しない。

当たり前のことですが、未勝利戦だろうが有馬記念だろうが、払い戻しは同じです。自分のスタンスに照らして獲りやすいレースを選びましょう。でもメインレース党の人は多いです。それはそれでいいんです。私だって好きな馬(たまに騎手も)を追っかけたりします。ここでは競馬で儲けるという視点で書いているので、念の為。

そしてそのスタンスであってもG1だけは例外です。

G1はロマンで買え! というのが私の好きな父の言葉で、これが私の競馬の原点です。

オルフェーブル❤

いくらお金儲けを考えても楽しくなければ続きません。やはり好きでなければ上手にもならないのです。「好きこそものの上手なれ」です。

有料予想のお話


こんにちは冴子です。
私は2017年の10月から2ヶ月、レジまぐで有料予想をやってみたんですよ。
以下はその時の挨拶文です。

はじめまして
父が10年以上も、お世話になった人たちに配信して好評だった競馬予想があります。
競馬場に連れて行ってもらったり予想するのを見ていて興味を持ち、手伝っていました。
大学受験が終わり、時間が出来たので、有料予想にチャレンジします。
そんなに負けないとは思いますが、わかりません。あくまで予想ですので、馬券の購入は自己責任で、あまり無茶な金額を使わないようにお願いします。
配信日時:中央競馬開催日当日AM7時前後、遅れることもあります。月平均8回くらいの配信です。配信できない時も稀にあるかも知れません。
券種:3連複、馬連、ワイド中心
買い目点数:1日数レース、買い目は5~6点ですが、レース数、買い目とも目安と思ってください。
予算:2000円くらいから
予想スタンス:私は理系で、データ分析が好きなので、巷に溢れる提供予想の中から優秀なものを蓄積して分析し、予想を作ります。素材を手に入れてお料理を作る感覚かなぁ・・・
予想内容:父は、メインレースは必ず指数を提供し、馬券種は配信を受ける人たちの裁量に任していました。私はメインにこだわらず、勝てそうなレースを3連複、馬連、ワイドなどで買い目を作りあげます。メインレースについても出来る限り指数は提供しますが、こちらは買い目は出しません。オマケ的な扱いです。
コメントは、時に応じて書くこともあります。そんなときは参考にしてください。
その他: 昨日配信したメールをサンプルにあげておきます。10月から配信するものは少し変わると思います。皆さんが楽しめるメールになればいいのですが。

 

こんな説明で始めてみました。結果はトントンくらいかな。 とても新鮮で刺激的で、勉強になったけど、お金をいただくからにはもっとちゃんと気持ちを入れてやらないといけないなあ・・・と思い、廃刊にしました。
競馬は本当に好きなので(サラブレッドの疾走している姿は美しくて切ないです)、これから予想も含め、楽しく役立つ記事を書きたいと思っています。

株式投資で勝つには

この記事、FC2の方の旧ブログから移植して加筆修正してます。

正直私は株とかイマイチわかってません。ですのでこのカテゴリは株やってるDadの話を聞いて、「ふーん」と思ったり、「え? なんで??」と思ったりしたことを書いてみます。

でも、将来は絶対株でお金儲けをしたいので、そのためのメモ的な意味もあります(^^:

 株については無数の情報が溢れているので、私の感想なんて役にも立たないと思うけど、素朴な疑問と思ってハワイのお空のような広ーい心を持って読んでくださいね(*^_^*)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この~木なんの木、ほんとにあったんだーって感激しました

さてさて、ネット見てると株で儲けてる人は5%くらいで、あとはみーんな損してるなんて言ってます。でもその一方で、あっちにもこっちにも儲かった、儲けられるの自慢話しとか儲ける方法なんかの宣伝が溢れてます。これって・・・これって・・・競馬とおんなじだあああ・・・って、思いました。あまりにも似てます。

 で、最初に湧いた疑問が、「株ってのも競馬と同じでゼロサムゲームなんだろうか?? 」というものでした。株は、例えば日経平均が20000の時にみんな買って、22000円の時に売ったらウィンウィンじゃないの? と思ったりしてDadに笑われたり、なるほど、22000円で売るのはいいけど、それ誰が買うの?って話でした(ははは・・・)

 それとか、信用取引ってのがあって、みんな怖い怖いとかいってるけど、その本質がわかって言ってる人ばかりじゃないって。それはとても納得しました。なるほどレバレッジかけて身の程をわきまえない大取引やったりするとリスクも高いけど、普通にやる分については現物取引と変わらないなあ・・・と思ったり。なによりもこれをやると下げ相場でも儲け出せるなあと思いました。だって現物株だと、上がってるときはいいけど、下がってたら手のほどこしようがないじゃないですか?

Dadの受け売り部分があるけど、株ってほっといたら下がりませんか? 上げるにはエネルギーが要って、下げるにはさほどエネルギーはいらないんじゃないかな。だとすると、空売りの方が楽ちんに儲かるような気がする・・・

現物株はそうはいかないけど、もし現物株やるんだったら、下がったら買って上がったら売ればいいやん?

「あー、これだから素人は困るわ」って言われそう(言われるなあこれは(笑))

でもでも、私、いいこと思いついたんだけど・・・もうちょっと勉強してから書きますね。割とシンプルにやっていって勝てるんじゃないかなあってアプローチなんです。皆さん、難しく考えすぎているような気がします。それと、Dadの本を何冊か読みましたが、「投資」と「トレード」をごっちゃにしている人が多いんじゃないかな。この区別ちゃんと出来てないと勝てるものも勝てないのではないかと思います。競馬でも自分のスタンスわかってない人は勝てません。でも私のアプローチはきっと穴だらけだんだろうなあ・・・そんなんで勝てるんだったらみんな大金持ちだし(爆笑)

とりあえずDadに話してみます。なんせ素人のバカ話聞いてくれるのDadだけだからなあ・・・

アトピーの改善


こんにちは、冴子です。

私は薬学部に進みましたが、理由の一つにアトピっ子だというのがあります。

まだ一回生のヒヨッコですが、将来はCRA(臨床開発モニター)を目指し、いつかアトピーの研究が出来たらいいなぁと思っています。

でも、大学ってこんなに勉強しなきゃいけなかったの??

文系のお姉ちゃん、そんなに勉強しているようにみえなかったなあ・・・

4回になったらバイトとかデートに明け暮れてたしなあ・・・

私は生まれて1,2年くらいは特にアトピーが酷かったみたいで、今写真を見ると、体中が血だらけです。

でも幸いだったのが、両親が大奮闘してくれたおかげで、その血だらけの私の表情はいつも笑ってるんです。

両親は「冴子は機嫌がよかったの」といいます。

それから今まで、精神的に辛いと思ったことはほとんどありません。その理由などは少しずつ紹介したいと思います。様々な対応で徐々にアトピーは改善し、今は友だちに「アトピっ子だよ」と言わないとわからないレベルになりました。

アトピーについてはネットでも無数の関連サイトがありますが、私も自分の経験や両親の話などをまとめて、少しでも役に立つ記事が書ければと思います。

アトピーに対する治療はまったく反対のようなものもあり、患者を悩ませます。

私は今の所、試行錯誤を繰り返して自分にあった対応をしていくのが現実的だと思っています。

自分や回りの知り合いのアトピっ子(といっても50を越えた人たちもいます)の話も聞き、私なりの考えを書いていきたいです。